ミニチュアサイズの犬|ペットにとって充実した環境を作る|ペット用品のお店を知っておこう

ペットにとって充実した環境を作る|ペット用品のお店を知っておこう

ミニチュアサイズの犬

プードル

小さくても遺伝子は通常

今、ミニチュアサイズのペットに人気が高まっています。狭い家の中でも飼いやすいというのが主な理由です。中でも特に人気を集めているのがティーカッププードルです。少し前にトイプードルというプードルの小型種の人気が高まりましたが、ティーカッププードルはそれよりも小さいのです。その名の通り、ティーカップにも収まってしまうくらいの大きさです。性格は人懐っこく飼いやすい犬種の一つです。しかし、ティーカッププードルは普通のプードルを品種改良した犬なので、遺伝的には普通のプードルと変わりません。そのため、極まれにティーカッププードルの子犬が、普通サイズのプードルに成長するというケースがあります。超小型犬を手に入れた筈なのにと、多くの飼い主が当惑することになります。

販売元からの補償制度

ティーカッププードルが通常のサイズに成長したとしても、愛情を持って飼っている人は手放すことはまずありません。ただ、このようなケースでは、販売元より補償が受けられる制度は、まだ広まっていません。ティーカッププードルを購入した店に苦情を申し立てると、販売金額の半額程が戻ることがあります。そして、更に良心的な店舗では、犬と同時に購入した超小型犬用のグッズを、現在の犬用のサイズに格安で交換してくれたりします。自分のティーカッププードルが普通のプードルになってしまったのは残念なことですが、補償が受けられたことで、飼育環境が整うことになります。この制度を利用した人に大好評となっています。小型犬を購入した人には是非覚えていてほしい裏技の一例です。